2017/05/11(木)
パラシュートセッション Vol.47
「藤田陽介×Mother Tereco」

170511

《「パラシュートセッション」=「2バンドが向かい合い1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!
会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、本物のパラシュートが張り巡らされ、オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来て、演奏者の生音や息遣いまで聴こえるのが特徴。
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。》

【出演】

藤田陽介

Mother Tereco


【時間|Hour】open 18:30/start 19:00
【料金|Fee】adv 2,500/door 3,000 (+1D 600)
【会場|Access】月見ル君想フ
〒107-0062 東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F
http://www.moonromantic.com/?p=34382

2017/08/06 (sun)〜10/1(sun)
「札幌国際芸術祭2017」

siaf_vi-2

《札幌国際芸術祭2017にて、新作のサウンド・インスタレーションを発表します。オファーを頂いてからというもの、常に頭の片隅で考え続けている仕事です。2017年の夏はぜひ札幌へ。》


期間:2017年8月6日(日)~ 10月1日(日)【57日間】
テーマ:芸術祭ってなんだ?
ゲストディレクター:大友 良英
会場:札幌芸術の森/モエレ沼公園/まちなかエリア/円山エリア/札幌市資料館/JRタワープラニスホール/札幌大通地下ギャラリー500m美術館 ほか
主催:札幌国際芸術祭実行委員会/札幌市

公式HP:http://siaf.jp

参加アーティスト:
ARTSAT×SIAFラボ
dj sniff
EYヨ
堀尾寛太
マレウレウ
毛利悠子
中崎透
大友良英+青山泰知+伊藤隆之
刀根康尚
梅田哲也
ユエン・チーワイ
レトロスペース坂会館
大漁居酒屋てっちゃん
藤田陽介
石川直樹
岸野雄一
今野勉
クワクボリョウタ
Sachiko M
さわひらき
テニスコーツ
宇川直宏
ほか


2017/02/25(sat)
Takuma Kamine solo EXHIBITION Opening Event
@EARTH+GALLERY[東京・木場]

上根作品

《2014年にもコラボレーションさせていただきました、美術家・上根拓馬氏の個展にて、再びパフォーマンスをさせて頂くことになりました。展示空間内でのパフォーマンスとなります。ぜひお越しください。》

【出演】

藤田陽介

2017/01/28(sat)
「点の記譜法 #5」
@喫茶茶会記[東京]

1:28表

《西洋占星術と音楽の空間における相互作用を考察する点の記譜法。
5回目となるこの日は、独自の表現を探求し続ける藤田陽介、静寂の響きを見つける松本一哉。2人の音楽家が創り出す深沈厚重なる空間と、星の引力による生物的影響を考察した占星術が導き出す空間的解釈との相互交流。それぞれの視点から2017年の1年間に想いを馳せる冬の夜。》

【出演】

藤田陽介

松本一哉

 

Astrology(占星術):落合強

2017/1/21(sat)
DOMMUNE「EXTREAM QUIET VILLAGE」
~TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)2017~
@東京都庭園美術館

img_ignitionbox

《東京都庭園美術館(TTM)が"発火装置"(Ignition box)となり、映像、音楽、メディアアートが交差する、TOKYO発の多様なパフォーミング・アーツを紹介するプログラム。2015年よりスタート、外部のスペシャリストをお招きし、演劇、ライヴ、映像など、美術館の空間を舞台に多様なプログラムを発信中。今年度はさらに「パフォーマンス」や「空間」の概念を大きく拡げるラインナップがそろいました。今もっとも刺激的な活動を行っているアーティストによる、ここでしか見られない共演をどうぞお見逃しなく。》

【出演】

飴屋法水(ものおと)

時計奏=花代+伊達伯欣+小野洋希 (バイオリン、ラジオ、声)

ハチスノイト(声帯)

藤田陽介(自作パイプオルガン、水、声)

Phew(モジュラーシンセ、声)

松本一哉(音具、造形物、非楽器)

 

ディレクション:宇川直宏 / DOMMUNE

2016/11/20(sun)
ZOU-NO-HANA NIGHT CONCERT
mama!milk「港の音景」
@象の鼻テラス[横浜]

161120@yokohama_banner

【出演】

mama!milk 

生駒祐子:アコーディオン

清水恒輔:コントラバス

 

〈ゲスト〉

守屋拓之:コントラバス

藤田陽介:自作パイプオルガン、声 etc

 

〈音響設計〉

鶴林万平(sonihouse)

 

2016/10/23 (sun)
『mu h / Surreal Release Party』
@六本木SuperDeluxe[TOKYO]

upload

【出演】

灰野敬二 (Electronics Set) 

Mesa of the Lost Women Feat. Junko

テンテンコ

藤田陽介

Kazuma Kubota

Takeshi Yoshimori

ホンマカズキ

mu h (moph records)

2016/04/18 (mon)
【DOMMUNE】
SPEKK Presents「EARwitness -音放つBLACK BOX- 」5HOURS!!!!!
〜松本一哉『水のかたち』Release Special!!!!!〜DOMMUNE至上もっとも静謐な5時間〜

Cfp_k6_UYAAbS-r.jpg-large

【出演】

Hakobune(ムビラ)

時計草(バイオリン、ラジオ、声)

スティルライフ(sound objects)

Chihei hatakeyama(White Paddy Mountain)

藤田陽介(自作パイプオルガン、声)

minamo(12K/room40)

松本 一哉(打楽器、波紋音)

2016/03/31 (thu)
「上野雄次〜対話の可能性〜其の1 with 藤田陽介」
@青山・月見ル君想フ[東京]

対話の

《月見ル君想フの企画「対話の可能性」で、花道家・上野雄次氏との初コラボレーションを行います。是非お越しください。》

【出演】

上野雄次(花道家) × 藤田陽介(自作パイプオルガン)

2016/03/05(sat)
2016/03/12(sat)
2016/03/19(sat)
2016/03/20(sun) 全4公演
自宅パフォーマンス・イベント「蚕の家で・Final」
@藤田陽介邸[神奈川県]

蚕FINAL

《この家に5年住んでいます。築百年の日本家屋であるこの家(自宅)を舞台としたパフォーマンス・イベント「蚕の家で」を不定期ながら過去に12回ほど続けてきました。素晴らしいゲストの方々の力をお借りしながら、二度と味わうことのできない時間を過ごした私にとって特別な企画です。そして今年この家の取り壊しが決定し、3月いっぱいで私と同居人と猫たちはこの家を離れます。百年以上もこの場所に建っていた家の最後の住人として、記憶に残る最後の「蚕の家で」を皆さまと過ごしたく思います。》

【出演】

梅田哲也 

伊東篤宏

Mother Tereco

藤田陽介

2015/12/26(土)
circe presents「窓枠からドレミレド」
@浅草橋 Gallery t [東京]

f0238232_202009

《今年最後のライブはインストバンド・circe(キルケ)の企画への出演となります。ソロでの出演。circeには以前にも呼んでもらったことがあり、それがいつだったか調べたところ7年前でした。(2008年) こうして再びお呼びいただけて感謝。今回は私とcirce、二組だけの演目です。2015の暮れ、お待ちしてます。》

【出演】

藤田陽介

circe

2015/11/14 (sat) - 12/20(sun)
藤田陽介サウンド・インスタレーション
「見えない湖 INVISIBLE LAKE」
神奈川県立相模湖交流センター・アートギャラリー

最終-1web

《五年ぶりの個展、初めてのサウンド・インスタレーション作品の発表となります。昨年末にご依頼を頂いてから、今年ずーっと頭の片隅で考え続けている作品です。相模湖と向き合い、水と触れ合い、ダムということや、戦争のこと、自然と人工のなんたるか?そして音のこと。考え続けながら何とか一つの作品にしようと思います。少し足を伸ばして聴きに来てくだされば、嬉しい限りです。》

【出演】

「見えない湖」
構成・演出・演奏|藤田陽介 
声の出演・資料提供|小野完二、山崎一良(相模湖水没旧勝瀬地区居住者会) 
照明|平 曜 
写真|白井晴幸 
宣伝美術|島影南美 
企画制作|平林拓也、碓井千弘

2015/12/13(sun)
藤田陽介 × EY∃
舞台公演「メモリーム|MEMOLEEM」
@神奈川県立相模湖交流センター・多目的ホール|Sagamiko Kouryu Center Hall

ビジュアル・memoleem

《音楽家・藤田陽介とアーティス ト・EY∃の共同制作による舞台作品「メモリーム|MEMOLEEM」を上演いたします。水の中の記憶や音、共鳴、再生をめぐって制作される本作は、コンセプチュアルな要素を核に持ちます。水を共振センサー/メモリーメディア(記憶媒体)として扱いつつ、身体と音を使ってデコードしていく、偶然と必然の織り成す一回性の高いライブ・パフォーマンスをご体験下さい。》

【出演】

藤田陽介 × EYヨ(BOREDOMS)

2015/12/04(金)
Whenever Wherever Festival 2015
「 A U 」
@森下スタジオ[東京]

wwfes2015_flyer-1

【出演】

鯨井謙太・藤田陽介・鮫島圭代

キュレーター:大倉摩矢子

2015/11/30(mon)
「廊下(3階の)」
@spazio rita[名古屋]

securedownload

《名古屋でのソロセットです。あまり無い機会ですのでぜひお越しいただければと思います。お待ちしています。》

【出演】

藤田陽介

asana (solo set)

3CHI5×U-5 (GHILOM)

2015/11/29 (Sun) 
いしわためぐみ展 - Opening performance 「隣りの人」-
@旧H&H japan(yolcha隣接)[大阪]

★A4-2 web用

《音楽を物理現象としてアプローチする藤田陽介。絵で哲學しようとするいしわためぐみ。ふたりはお互いを伴侶としながら、これまでお互いの領分に干渉することはなかった。近くにいながら飽くまでも他人であることの愛おしさ。隣りの人は、ここにいる。 -------- yolcha 車掌》

【出演】

藤田陽介 〈自作パイプオルガン、声〉

2015/11/21(sat)
「TERATOTERA祭り2015 -Sprout-」
@東海大学望星学塾松前柔道場[東京]

teratotera-01-457x343

《井出健介、藤田陽介、マヒトゥ・ザ・ピーポーによる、柔道場を舞台にした1日限りの音楽ライブ。》

【出演】

井手健介

マヒトゥ・ザ・ピーポー

藤田陽介

2015/11/02(mon)
『gomphos+carpos {ゴムフォカルパス}』
@江古田Buddy[東京]

11:2

《忘れられない夢見心地で不思議な夜になる予感。独自の個性を持つアーティスト達が引き寄せられる化学反応な1日。コンテンポラリーダンス×テクノ×即興≒ゴムフォカルパス!ダンスと音楽がこの上なく貴方の身体に降り注ぐ(実験的)かつ優雅でポップでアバンギャルドなパフォーマンスを3ステージで展開します。》

【出演】

吉兼聡 (guitar)

千葉広樹 (bass)

千住宗臣 (drum

 

藤田陽介 (自作パイプオルガン、声)

 

くふき(肉体派音響バンド)

 

dance

小松陸

田路紅瑠美

尾身美苗

岩下龍太

 

MC

Seek

2015/10/03(sat)
「ニュイ・ブランシュ - NUIT BLANCHE KYOTO 2015」
@京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

nui_B2

《ニュイ・ブランシュ(白夜祭)は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。パリの姉妹都市・京都では、今年も日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を市内各所で開催。プログラムの一つとして仙石彬人と大歳芽里と私の三人によるパフォーマンスを@KCUAにて行います。》

【出演】

Andrea Crews × N.O.B a.k.a.COCOSPIN × metome
仙石彬人藤田陽介大歳芽里

2015/09/13(sun)
藤田陽介ソロ・パフォーマンス公演
「知らない声 -Unknown Voice-」
@UrBANGUILD[京都]

Print

《急遽ソロ公演をやることになりました。ギリギリまで何をやるかは分かりません。
自分でもよく分からないことをやってみたい気もしつつ、けれどみんなにちゃんと面白がってもらいたいですし、そういう色んなバランスの中で迷い続けて、疑って、もうどっちの足を踏み出せばいいのか訳が分からなくなったとしても、それでもその瞬間はやって来て、どちらかの足は必ず前に出ているのです。》

【出演】

藤田陽介

2015/7/26(土)
「物理と超常現象」
@小川町ビル[東京]

facebook用カバー写真

《「物理と超常現象」東京編は、築50年の小川町ビルを大胆に使ってのパフォーマンスです。私と伊東さんは7/26だけですが、ヒスロムはこのビルを使って7/21〜7/26まで展示や上映やトークなど様々なゲストと共に展開します。必見。》

【出演】

hyslom
藤田陽介
伊東篤宏
グルパリ

2015/7/25(土)
「音夏 - オトナもコドモも、オトナツ2015」
@gallery studio fujino[神奈川・藤野]

7.25

《藤野の山奥に、ハイクオリティの木工工房を営むギャラリーがあり、そのギャラリーが主催のイベントに呼んで頂きました。楽器作りのワークショップなどもあるようです。ぜひ。》

【出演】

Autumn Leaves Brothers

ガイネ

YANO大学・藤野「レレレ楽団」

藤田陽介

 

 

ほか、屋台やワークショップ出店あり

2015/7/19(日)
「物理と超常現象」
@旧富士製氷[山梨]

チラシ宣伝用

《関西発のアーティストグループ・hyslom(ヒスロム)と音楽家・藤田陽介によるパフォーマンス・イベント 「物理と超常現象」。2013年から交流を始めたヒスロムと藤田は、これまでにも各地で同タイトルのイベントを重ね、絆を深めつつ何かを探っているが、それは答えがあるようなものでもなく、ただ、純朴な姿勢のもとに何かをやってみようとする姿勢のパフォーマンスのようである。具体的には、映像上映やお芝居、身体・物・ 空間を使ったチャレンジ、そして音楽。今回は、自作音具「オプトロン」を使って現代美術側から音楽へのアプローチを続けている伊東篤宏を加えた三組による「物理と超常現象」を行います。》

【出演】

hyslom
藤田陽介
伊東篤宏

2015.4.11(土) - 6.28(日)
山口小夜子 未来を着る人 展
@東京都現代美術館

小夜子展チラシ

《山口小夜子 × 生西康典 × 掛川康典によるインスタレーション作品に音楽で参加してます。小夜子さんの声のトーンに合わせて制作したオルガンパイプをインスタレーションの一部として鳴らしています。山口小夜子の大規模展で他展示室も見応えあります。》

【出演】

生西康典+掛川康典 

宇川直宏 

エキソニモ 

森村泰昌 

山川冬樹 

2015/5/30(土)
『小夜子 光と闇の夜』
@東京都現代美術館エントランスホール

小夜子展チラシ

《「山口小夜子 未来を着る人」展関連イベントとして開催されるパフォーマンス・ナイトに出演させて頂くことになりました。生西康典さんの台本による朗読パフォーマンス。飴屋法水さん、萌さん、私の三人で朗読や歌をうたいます。》

【出演】

生西康典×掛川康典

宇川直宏

山川冬樹

飴屋法水

伊東篤宏

A.K.I.PRODUCTIONS

黒田育世

PLASTICS(立花ハジメ、中西俊夫)

萌(Moe and ghosts

灰野敬ニ

藤田陽介

ほか

 

以下のメンバーでの出演となります。

生西康典:構成/台本

掛川康典:映像

飴屋法水、萌(Moe and ghosts):朗読

藤田陽介:演奏と歌

2015.5.17(日)
藤田陽介ソロ・パフォーマンス
「ぼくらが音に気付く間に、鳥は三度ジャンプする」
@HIGURE 17-15 cas(東京・日暮里)

HIGUREチラシ

《Torus Vil.という企画で表現(Hyogen)の佐藤公哉さんが主催されます。日暮里のギャラリー・HIGURE 17-15 casで、二週間にわたって様々な企画が繰り広げられます。その中の一日でぼくのソロ公演をします。ぜひお越しください。》

【出演】

藤田陽介
ゲスト:佐藤公哉(弦楽器/ヴォーカル)

2015/03/21(土)
上根拓馬 個展「焔...HOMURA」
- 展示コラボレーション企画 -
藤田陽介ライブパフォーマンス『喉ぼとけ』
@EARTH+GALLERY[東京・木場]

上根拓馬展

《美術家の上根拓馬氏の展覧会場にてライブパフォーマンスさせて頂きます。仏像の世界がテーマとのことですが、写真を見てもらったらお分かりのように、ユーモア溢れる作品群です。展示作品とのコラボレーションということで、ぼくも探り探りですが、ぜひ現場に足を運んで頂けましたら幸いです。》

【出演】

藤田陽介

2015/03/08(日)
鹿ハウス presents さがみこアート市
@神奈川県立相模湖交流センター・アートギャラリー

3:8

【出演】

藤田陽介(ソロ・パフォーマンス)

情熱のフラミンゴ(演劇)

梨茄子(演劇)

make some boys(ダンス)

genseiichi(音楽from京都)

DJ'不時着(一夜特農)

サモハンキンポー(思い出野郎Aチーム)

2014/11/22(土)- 2015/2/22(日)
「大友良英 音楽と美術のあいだ」展
@NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

音楽と美術のあいだ

《大友良英さんの「音楽と美術のあいだ」展の中で展示されるテキストを寄稿しました。
この展覧会ではふたつのサウンド・インスタレーションが出品されています。2008年に山口情報芸術センター(YCAM)で制作された作品《quartets》と、新作の《guitar solos 1》。そしてその展示に際し、アーティストや批評家,キュレーターなど35人の方々が「音楽と美術のあいだ」というテーマをもとに寄稿したテキスト集が展示されています。私もそこにテキストを寄せておりますので、インスタレーションの体験と合わせて、ぜひ足をお運びください。》

【出演】

- - - - - - - - -

2015/2/1(日)
藤田陽介単独パフォーマンス公演
『あこがれ 篇』
@キッド・アイラック・アート・ホール 5Fギャラリー

2:1solo_fryer

【出演】

藤田陽介

 


協力・豚の頭提供|ザ・ミートガイ http://www.themeatguy.jp/

撮影|田川友彦
 
フライヤーデザイン|島影南美 
お菓子|いしわためぐみ

2015/1/24(土)
whenever wherever festival white 2015 プレイベント
「アジア的身体について」
@森下スタジオ[東京]

wwfes2015_pre

《ダンスフェスティバル「ウェン・ウェア・フェス」は、2015年秋、4名のキュレーター制によるwwfes white(ウェン・ウェア・フェス・ホワイト)として新たに始動します。wwfes white 2015のテーマは「不可視の身体」。1月にそのプレイベントとして、「アジア的身体について」と題して、テーマへの補助線を設け、映像上映・レクチャーとパフォーマンス、そられを通した、キュレーターを交えたトークを行ないます。》

【出演】

2014/12/27(土)
「藤田陽介 ライブ・パフォーマンス」
@東京都現代美術館内1F・NADiff contemporary

藤田ポートレイト3web

《現在NADiffで取り扱い中のミニ・イントナルモーリの演奏や、自作パイプオルガンと声を使ったパフォーマンスを行います。無料ですので、ぜひお気軽に足を運んでください。》

【出演】

藤田陽介

2014/12/22(月)〜 12/23(火)
「THE ROOM OF MANY CORNERS -朔旦冬至」
@井上由巳子邸[東京・荻窪]

THE ROOM OF MANY CORNERS

《あるカナダ人アーティストからの依頼で、24時間にわたるパフォーマンス・イベントに参加します。今年の冬至は〈朔旦冬至〉という19年に一度の特別な冬至で、それに合わせて実験的な試みが行われます。》

【出演】

茂谷さやか

高橋ちづ

宮本博

進藤詩子

安生玲

Kazehito Seki

Kenneth Trufant

Celine Marks

藤田陽介

 

2014/11/15(土)~12/14(日)
『ヨルチャ de オモチャ』~屋根裏玩具博覧会~
@gallery yolcha [大阪]

header

《画家、イラストレーター、家具職人、楽器職人、音楽家、舞台美術家、アニメーター、鉄物作家、木彫作家など、総勢12名による手作りオモチャのパレード!それぞれが本来の制作とは別に、アトリエの端材や身の回りの道具で作ったオモチャは、他にはない楽しさと情感豊かな趣きに溢れています。子どものために、ご友人のために、もちろん自分のためにも、ワクワクする屋根裏おもちゃ部屋でお気に入りの一点をお探しください。》

【出演】

aiai tuji △▼△

いしわためぐみ

小田文子(ケの二)

北浦和也 

木村文典(ギャル男研究所)

小澄源太(yes!yes!非非)

チプラスタヂオ

ツダモトシ

中川浩佑(中川弦楽器製作所)

白水麻耶子 

藤田陽介

yamyam 

2014.11.23 (日)
藤田陽介 × 青葉市子「死んでいく音たち、こんにちは」
~自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第12回~

蚕の12-web用

《私たちにとってこの瞬間は 常に始まりで 終わりなのです》

【出演】
青葉市子
藤田陽介 

2014/11/15(土)
『福嚴寺Fes. [MINIMUM].2014』
@天王山福嚴寺[静岡・浜松]

slide1

【出演】

藤田陽介

Moskitoo

ryohadano

松本一哉 [Opening Sound Performance]

 

Food : COTEF

2014/10/18 (土)
藤田陽介 × 和田永「1500グラムの創世記」
~自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.11~
@藤田陽介邸

蚕の11.web

《最初はおぼろげだった空気が次第に形をつくり 輪郭が見え 色が付き 呼吸をはじめる 今 目の前にある全てのモノたちは 頭の中からやって来たのだ》

【出演】

藤田陽介

和田永

 

2014/10/10(金)
パフォーマンスイベント『血の宿題 Homework of "My" Blood』
@下北沢Circus[東京]

血の宿題2

《以前、慶応大学内のノグチルームにてコラボレーションを行ったイギリスのダンサー・ドミニクと、下北沢にて再び共演いたします。彼女は身体性はもとより、コンセプチュアルな面での深みを持つアーティストなので、いわゆる音楽+ダンスのライブではなく、一つの小作品のようなパフォーマンスになると思います。ぜひ観劇を。》

【出演】

Dominique B.B. × 藤田陽介

島崇

小関基之

澤田将弘

2014.09.28(日)
『cookin' song book 09』
@MURIWUI[東京・祖師ケ谷大蔵]

10626555_302917903244220_6533283419320864089_n

《アコースティックグループ・cookin'の企画にて、ソロ・パフォーマンスします。会場のムリウイは何度か演奏させてもらってますが、非常にいい空間です。ここのところコラボレーションが続きますが、この日は自分の核であるソロ・パフォーマンスを。》

【出演】

藤田陽介

高橋ピエール

cookin'

2014/9/21(日)・9/22(月)二日公演
鈴木昭男 × 藤田陽介 「 ね 」
~自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.10~
@藤田陽介邸

–¼Ì–¢Ý’è-2

《音は、ねともいいます。誰かにやさしく問いかけるときも、ね といいます。ねこが両の耳をピンと立てるみたいに、わたしたちもこの耳で ね を聴きます。この日聴こえるであろう ね はきっと奇跡的だろう ね》

【出演】

鈴木昭男

藤田陽介

2014/8/17(日)
藤田陽介 × 表現-1「山のいりぐちにゆれる舟」
~自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.9~
@藤田陽介邸

09_web用

《自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第九回は、コンテンポラリー・フォーク楽団/表現-Hyogen-と藤田陽介がお送りする舟旅のような一日を。どこか異国のような 懐かしい音律の ゆるやかな波が起きます。蚕の家という築百年の箱舟へ ご乗船あれ》

【出演】

表現-1 http://sound.jp/hyogen/
藤田陽介

2014/7/27(日)
~ 自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.8~
首くくり栲象 × 藤田陽介『ここに 居ます』
@藤田陽介邸[神奈川県・藤野]

pic_140727

《自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第8回は、40年以上も前から現在に至るまで、ほぼ毎日庭で首を吊るという行為を続けているアクショニスト・首くくり栲象を招き、藤田陽介とのコラボレーション公演を開催します。家の梁から綱を垂らし、輪っかに身をまかせ、宙に浮いている時間、降り立つ瞬間、聴こえる音、流れる雲、わたしもあなたもネコもカナブンも、ここに居ます。ぜひお立ち会いください。》

【出演】

首くくり栲象(アクション)
藤田陽介(自作楽器、歌唱)

2014/7/12(土)
『 噛 み 切 れ な い 物 音 』
@神保町 試聴室

pic_140712

《デュッセルドルフ在住のmiki yuiとロンドン在住の中島リエ。ふたりのサウンドアーティストの帰国に合わせて、貴重なコンサートを開催します。 共演は、自作楽器と独自唱法で時間軸を自在に郭大/遷延させる藤田陽介と、「状態の演奏」とも言うべき唯一無二のパフォーマンスを見せる夏の大△。DJには各出演者とも縁の深い畠中実のロングセットを予定。噛み切ることのできない音楽的行為の連なりをお楽しみください。 -安永哲郎事務室-》

【出演】

miki yui |http://www.mikiyui.com/
中島リエ |http://rienakajima.com/
藤田陽介
夏の大△ |http://decoy-releases.tumblr.com/
畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター: ICC)

2014/6/22(日)
巻上公一 × 藤田陽介『レシピによる行為の音楽』
~ 自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.7~
@藤田陽介邸[神奈川県・藤野]

pic_140622

《自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第七回のゲストは、35年継続中のバンド・ヒカシューを中心に現代音楽から民族音楽、演劇からイベンターまで縦横無尽に駆け回る総合芸術家、巻上公一。二度目の共演である今回、両者のソロに加え、本公演に向けて2人で作曲する新作のコンポジションを発表します。現代音楽・美術の関係者も必見です。自宅を舞台にした本企画ならではのユーモラスな光景と新作の初演を目撃ください。》

【出演】

巻上公一
藤田陽介

2014/6/1(日)
『stringraphyLabo vol.9』
@スタジオ・イブ[東京・世田谷]

《ストリングラフィの演奏家、鈴木モモさんによる実験企画stringraphyLaboにお呼び頂き、自作楽器同士のコラボレーション公演を行います。ストリングラフィは紙コップと糸で作られた楽器で、その構造は誰にでも作れてしまうほどシンプルなものですが、実際に生でその音色を聴くと驚きます。本当にいい音がする。会場はストリングラフィの稽古場でもあるスタジオです。ぜひお越しください。》

【出演】
藤田陽介
鈴木モモ(stringraphy)
浦畠晶子(stringraphy)


2014/5/25(日)
Shelling 2nd アルバム 『Aquarium Sympathy』リリース記念
爆音アルバム試聴会
@下北沢 THREE

《Shelling 2ndアルバム『Aquarium Sympathy』をTHREEの贅沢なPAシステムでまるごと通しで試聴する、爆音アルバム試聴会にて、オープニング・パフォーマンスをつとめます。ソロです。》

【プログラム】
1.Opening Performance|藤田陽介
2.Shelling 2nd『Aquarium Sympathy』試聴
3.Mini Talk Show 司会 畠山地平 ゲスト aya(shelling ヴォーカル)


2014/5/18(日)
自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.6
『カゲノナカニ棲む生きモノ』
@藤田陽介邸[神奈川県・藤野]

《自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉第六回のゲストは、伝統芸能を新しい形へと昇化させたハイブリッドガムラングループ・滞空時間の主宰者、川村亘平斎。昨年東京で初共演を遂げた、川村亘平斎と藤田陽介による影絵と音楽のパフォーマンス公演が〈蚕の家で〉に初登場。築百年の古民家を舞台に広がる強烈な影絵と音楽はトリップ必至!》

影絵・音楽|川村亘平斎 (滞空時間、OOIOO) 藤田陽介
照明|渡辺敬之


2014/4/26(土)
自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉vol.5
『地に耳』
@藤田陽介邸[神奈川県・藤野]

《秩父という土地を重要なアイデンティティとして持ちつつ、ペルー民謡やクラシック音楽を駆け渡る類い稀なギタリストでありながら、更には映画監督として作品を発表するなど、特異なスタイルを見せているアーティスト・笹久保伸。昨年その笹久保伸との共作で発表されたアルバム「アヤクーチョの雨」で強烈なヴォーカルを披露し話題を呼んだイルマ・オスノ。ペルー南部山岳地域の町、民謡の宝庫"アヤクーチョ”で羊飼いをしながら育ったというイルマの歌は、むき出しの命と言えるようなプリミティヴなエネルギーが溢れ、これぞ人間の歌だと思わせてくれる。
土地や生活と結びつきながら展開されるこの藤田邸での自宅ライブシリーズ〈蚕の家で〉を舞台に、今回は藤田のソロ・パフォーマンス、そして笹久保伸とイルマ・オスノによるペルー音楽や秩父前衛派の世界を繰り広げます。途中、藤田&笹久保&イルマによるトークセッションも予定しております。》

【出演】
笹久保伸
イルマ・オスノ
藤田陽介


2014/4/25(金)
River to Illusions Vol.4
『~Chihei Hatakeyama + Hakobune 「It is, it isn't」 Release Party~』
@六本木SuperDeluxe [東京]

《遊牧民族型イベントの『River to Illusions』は今日も幻影の彼方を目指して劉備兄弟のように東京の会場を彷徨います。今回はChihei Hatakeyama + Hakobune の初めてのコラボレーションアルバム『It is, it isn't』の発売を記念してのスペシャル・リリースパーティーです。共演には海外でも圧倒的に支持を得ているレジェンド的なギタリスト・今井和雄、ローレン・コナーズを擁する名門レーベル『Family Vineyard』からのリリースで知られるHisato Higuchi、Chihei Hatakeyama + Hakobuneも今回はエレキ・ギターのドローンデュオとしてのパフォーマンスを披露します。》

【出演】
Chihei Hatakeyama + Hakobune
今井和雄
Hisato Higuchi
藤田陽介


2014/3/19(水)
『東京のホーメイ vol.3』
@OM CHAN TONE/オムチャントーン[東京・人形町]

《ヴォイス・パフォーマー、徳久ウィリアムさんからのお誘いでソロパフォーマンスします。この日はヴォイス(声)にスポットを当てた内容になると思います。途中トークもあるとのことなので、ウィリアムさんと一緒に少しホーメイや特殊歌唱について歓談させてもらう予定です。》

-【出演】
徳久ウィリアム
藤田陽介


2014/3/15(土)
「音ほぐし」第十四回 @喫茶茶会記[東京・四谷]

《この日3/15はオーガナイザーからの依頼により、ノイズ楽器・イントナルモーリにスポットを当てたパフォーマンスを予定しております。なので自作パイプオルガンはこの日封印。他出演者陣もかなりディープです。東京アンダーグラウンドならではの狂気と実験の世界をご体験ください。》

【出演】
藤田陽介|Yosuke Fujita
森重靖宗|Yasumune Morishige
長谷川静男|hasegawa-shizuo
村井啓哲|Keitetsu Murai


2014/2/15(土)- 2/23(日)
藤田陽介×Open Reel Ensemble コラボレーション公演
『未知ナル集合体』 Tour 2014

空想を具現化した前代未聞の自作パイプオルガンによる演奏や、特殊な歌唱法を用いた身体パフォーマンスを展開する藤田陽介と、旧式オープンリールデッキを改造し、楽器としての新たな使用方法を開拓しながら、国内外の様々なシーンで注目を集めつつあるOpen Reel Ensembleによる合作。一時間強に渡り展開される新しい形の舞台作品。

出演|藤田陽介[自作楽器、声]、Open Reel Ensemble[改造オープンリールデッキ]


2014/2/10(月)
@六本木SuperDeluxe

《Hakobuneさんからのお誘いでソロパフォーマンスします。過去11年間で40タイトル近い即興音楽作品を世に出してきたノルウェーのレコード・レーベル[SOFA]よりソロアルバムのリリースを控えているKim Myhr(キム・ミール)の来日公演となります。》

【出演】
Kim Myhr(SOFA / ノルウェー)http://www.kimmyhr.com/
藤田陽介
Hakobune


2014/1/27(月)
『観光地 ”The Place for Lightseeing”ーインド共和国からの帰国報告編』
@UrBANGUILD[京都]

《Visual Artistの仙石彬人からのお呼びで久しぶりのUrBANGUILD出演です。古巣に戻って初心を大事にしたい気持ちと、新たな気持ちの両方を持ってパフォーマンスできればと思ってます。》

【出演】
鈴木ユキオ(dance)|http://orange.zero.jp/bulldog-extract.boat/
六弦琴(music)|http://rokugenkinrokugenkin.web.fc2.com/
太田 泉(music)|http://suzmenba.jp/
仙石彬人(TIME PAINTING,Visual)|http://akitosengoku.blogspot.jp/
藤田陽介(music)


2014/1/26(日)
『Solo Performance at space eauuu.』 @space eauuu[神戸]

《急遽、space eauuuにてソロパフォーマンスが決定しました。会場では川瀬知代さんの個展も開催中ですので、ぜひ合わせてご体験ください。》

出演|藤田陽介

  • PROFILE
  • SCHEDULE
  • RELEASE
  • WRITINGS
  • CONTACT
  • 蚕の家で